あびこ南口整体院TANAKAカイロプラクティックセンターの営業時間(月-金は8:30-20:30、土は8:30-18:30、日曜日・祝日は休業日)

[最終受付] 午前 11:30 / 午後 (月-金) 20:00・(土曜) 18:00

〒270-1151 千葉県我孫子市本町2丁目4-3西田本町ビル1F

JR線 我孫子駅 南口より徒歩15秒!

痛みでお困りの方は遠回りせず

当院に一番はじめにご相談ください!

ヨクナル 04-7100-4976

ご予約・お問い合わせ

院長ブログ

妊娠中期の腰痛で右側だけ激痛が!妊婦の腰痛の原因と対策とは?

妊娠中期の腰痛で右側だけ激痛が!妊婦の腰痛の原因と対策とは?

こんにちは、田中 宏樹です。

腰痛は、多くの妊婦さんが経験する症状のひとつです。

今回は、妊娠中に腰が痛くなる原因と対策についてお伝えします。

母子ともに元気に出産を迎えられるように、ぜひお役立てください。

妊娠中期の腰痛で右側だけ激痛が!

腰痛でお悩みの妊婦さんは、当院にもよくいらっしゃいます。

その中でも、妊娠中期の腰痛で右側だけ痛みがひどい、という妊婦さんが多い印象です。

そのような事例を以下でご紹介しておりますので、ぜひご参考にしてみてください。

妊婦さんの腰痛の原因は?

妊婦さんは、程度の差はありますが、ほとんどの方が妊娠初期から腰痛に悩まされます。

その主な原因としては、以下の3つが考えられます。

  • ホルモンの作用
  • 体を反らした姿勢
  • 心理的不安

ホルモンの作用

妊娠すると「リラキシン」という女性ホルモンが骨盤から分泌されます。

リラキシンには、出産に備えて赤ちゃんが産道を通りやすいよう、骨盤にある靭帯を緩める作用があります。

そのため、骨盤をつないでいる仙腸関節の靭帯や恥骨結合という箇所が緩み、関節を支えようと背中や腰の筋肉の緊張が強くなり、腰痛や股関節の痛みの原因となります。

体を反らした姿勢

赤ちゃんが成長しお腹が大きくなってくると体の重心が前に移っていきます。

そのため、体のバランスをとろうと体を反らした姿勢で日常生活を送ることが多くなります。

その結果、背中や腰に大きな負担がかかり、腰痛の原因となります。

心理的不安

「無事に出産できるかな?」

「痛みはどのくらいなのかな?」

「お腹の赤ちゃん元気かな?」

というような不安感が自律神経を乱し、胃痛や痛みに敏感になり、腰痛が激しく痛むなどの悪影響を与えます。

このように、妊婦さんに腰痛が起こる原因としては、

妊娠する

⇒ リラキシンが分泌される

⇒ 骨盤にある靭帯が緩む

⇒ 腰や背中の筋肉が緊張する

⇒ 腰痛や股関節痛が起こる

⇒ 不安感が痛みに悪影響を与える

という流れが考えられます。

また、腰痛に悩む妊婦さんは、妊娠後期には痛みがさらに大きくなります。

それは、赤ちゃんが成長してお腹が大きくなり、妊婦さん自身も体重が増加することで、腰や骨盤の関節を支える筋肉によりいっそう負担がかかり筋肉が緊張することで、痛みの程度が大きくなるためです。

妊婦さんの腰痛で右側だけ痛いのはなぜ?

それでは、なぜ、妊婦さんの腰痛で右側だけ痛いという方が多いのでしょうか?

それは、利き手、利き足が右側の人が多く、日常生活でも右側を頻繁に使っているからです。

骨盤にある靭帯が緩み、腰や股関節への負担も大きくかかっている中、利き手、利き足の右側に繰り返し負担をかけてしまっている状態が、腰痛で右側だけが痛む要因のひとつと考えられます。

妊婦さんの腰痛の対策は?

妊婦さんで腰痛に悩まされている方は、以下の3つに注意してみてください。

  • まっすぐな姿勢を心がける
  • 適度な運動を行う
  • 腰に負担をかけるNG行動を避ける

まっすぐな姿勢を心がける

赤ちゃんが成長しお腹が大きくなるにつれて、体が前かがみになり、お腹がせり出し、上体を反らしがちになります。

そうすると、背中や腰の筋肉に大きな負担がかかるため、日常生活の中でまっすぐな姿勢を意識することが大切です。

例えば、椅子から立つときは、下腹部に少し力を入れて、少しお腹を引っ込める感じで立つようにしてください。

信号待ちや電車に乗っているときなどは、お尻をキュッと引き締め、自分の筋肉で骨盤を締めてあげるようにすると良いです。

また、体の左右どちらか片方にばかり荷物を持つことも腰に良くないので避けるように心がけてみてください。

適度な運動を行う

ウォーキングをして、心と体をリラックスさせましょう。

上り坂や下り坂を避け、できるだけ平坦な道を歩くのが良いです。

特に上り坂は腰には良くありません。

ウォーキングするときは、周りの景色を見ながら「気持ちいな~」と感じながら歩くとさらに効果的です。

適度な運動は腰痛を防ぐとともに、出産に必要な体力の維持や急激な体重増加を抑える効果があります。

産後の腰の状態にも良い影響を与えますので、ぜひ無理をしないで行ってみてください。

腰に負担をかけるNG行動を避ける

日常生活の中で、できる限り腰に負担をかけないようにすることが大切です。

例えば、以下のような腰に負担をかけるNG行動は避けるようにしてください。

  • 掃除機をかけるときなどの中腰の姿勢
    妊婦さんでなくても腰を痛めてしまうことが多いです。
    お腹が大きくなっている妊婦さんは特に、長時間中腰の姿勢を取らないようにしてください。
  • 高いところにあるモノを取る行動
    ぎっくり腰などを引き起こすことが多い動作です。
    右利きの方は右手で物を取ろうとするので、右側の腰を痛めることが多い動作のひとつです。
  • モノを持ち上げる行動
    一旦しゃがんでから、ひざを床に着け、ゆっくりと持ち上げるようにしてください。
    妊婦さんの場合、お腹が大きく、腰に負担がかかっている状態ですので、軽めの荷物でも腰を痛めやすいです。
    十分に気を付けてこの動作を行ってください。

当院に一番はじめにご相談ください

妊娠中は、お身体の変化により、腰痛や精神的不安などが起こりやすくなります。

お母さまがストレスを抱えてしまうと、お腹の赤ちゃんにもストレスがかかり、悪影響を及ぼします。

母子ともに元気に出産を迎えられるように、しっかりと治療を受けることが大切です。

当院では、妊娠中のお母さまのお身体やお腹の中にいる赤ちゃんの負担にならないように、横向きや仰向けなどの姿勢で施術を行っております。

妊婦さんの腰痛も専門で診ておりますので、安心して施術を受けることができます。

田中院長
我孫子市でおすすめの整体院をお探しなら、遠回りせず、地域一番の技術と実績で安心・安全な当院に一番はじめにご相談ください。

※施術メニューを見る

他のブログを見る

院長ブログ

あびこ南口整体院TANAKAカイロプラクティックセンター

住所 〒270-1151 千葉県我孫子市本町2丁目4-3 西田本町ビル1F
交通 JR線 我孫子駅 南口より徒歩15秒
TEL 04-7100-4976(ヨクナル)
曜日 午前 午後
平日 8:30 -12:00 14:00 - 20:30
土曜日 8:30 -12:00 14:00 - 18:30
日曜日・祝日 休業日

[最終受付] 午前 11:30 / 午後 (月-金) 20:00・(土曜) 18:00

-院長ブログ

© 2022 あびこ南口整体院TANAKAカイロプラクティックセンター