症例報告

テレワークでぎっくり腰になり立てなくなった(50代 男性 会社員)

テレワークでぎっくり腰になり立てなくなった男性

ご来院者様

50代 男性 会社員

ご来院までの経緯

仕事がテレワークになり、自宅でデスクワークの毎日。

下に置いてある物を取ろうと腰をひねったときに、ギクッと腰に痛みがはしり、それから立てなくなったとのこと。

家族に連れられ、あびこ南口整体院TANAKAカイロプラクティックセンターにご来院。

ご来院時の症状

  • 右足にシビレあり
  • 腰を伸ばせない(前傾姿勢)
  • 患部に熱感あり
  • せきやくしゃみをすると腰に響く

検査結果

  • どの検査動作でも痛む状態だが、特に右にひねる動作が痛む
  • SLRテストは陽性(腰椎椎間板ヘルニアの疑い)
  • 下肢の神経学検査に異常なし(安静時の感覚や筋力に異常はない)

施術内容

患部の熱感を鎮めるため、アイシングをしながら施術を開始した。

カウンセリングにより痛めた経緯を確認。

右の脇腹にある筋肉の緊張が特に強かったため、脇腹を中心に筋肉の緊張をとり、身体をねじる関節の可動域を大きくする施術を行った。

また、日常生活で気をつけなければいけない動きや癖のアドバイスを行った。

施術後の経過

初回の施術で、ひとりで歩けるようになるまで痛みはとれ、前傾姿勢ではなくなった。

右足のシビレは少し残る状態だった。

二回目の施術では、右にねじる動きを確認した。

恐る恐るではあるが、ねじることはできるようになっている。

しかし、せきやくしゃみ、力む動作などで少し腰に響く感じがあるとのことだった。

まだ安心はできる状態ではないことを伝え、日常生活で気をつける行動や動作のアドバイスを行った。

三回目の施術では、動作確認はすべてスムーズに行うことができ、シビレも無くなっていた。

また、せきやくしゃみ、力む動作などでも腰に響くことは無くなっていた。

コメント(施術者:田中院長)

今回のケースは、ぎっくり腰を起こされ、痛みも強い状態でした。

ぎっくり腰を起こした場合は、すぐに治療をすることをおすすめいたします。

ぎっくり腰を起こした場合に、何日か様子を見て少し痛みが引いてからご来院される方がよくいらっしゃいます。

ですが、痛みが少し引いてからだと、その間に腰にも負担がかかり悪化する場合もありますし、仕事や日常生活に支障をきたすことが多々あると思います。

何より痛みを早く取りたいというお気持ちが強いと思います。

ぎっくり腰を起こしたら、すぐに治療することで痛みもすぐに引きますし、腰にも負担をかけません。

ぎっくり腰は、一回の治療ですぐに改善する場合もありますので、早期の治療をおすすめいたします。

田中院長
このような症状でお困りの方は、遠回りせず一番最初に、専門である当院にご相談ください。

※腰痛・肩こり専門コースを見る

他の症例を見る

症例報告

あびこ南口整体院TANAKAカイロプラクティックセンター

住所 〒270-1151 千葉県我孫子市本町2丁目4-3 西田本町ビル1F
交通 JR線 我孫子駅 南口より徒歩15秒
TEL 04-7100-4976(ヨクナル)
曜日 午前 午後
平日 8:30 -12:00 14:00 - 20:30
土曜日 8:30 -12:00 14:00 - 18:30
日曜日・祝日 休業日

[最終受付] 午前 11:30 / 午後 (月-金) 20:00・(土曜) 18:00

-症例報告

© 2021 あびこ南口整体院TANAKAカイロプラクティックセンター